手紙でよく使う挨拶言葉の意味や使い方について

2024年2月28日

手紙でよく使う挨拶言葉の意味や使い方について手紙を書くときに、よく使われる言葉があります。

しかし、本やネットで見ただけで、その言葉が持つ意味や使い方がよくわからない事はないでしょうか?

また、敬語や尊敬語の使い方、忌み言葉や使ってはいけない表現の言葉など、知らないうちに間違った使い方をしているかもしれん線。

そんな手紙でよく使う挨拶言葉の意味や使い方について解説していきます。

手紙の挨拶言葉は、相手との関係や季節、目的によって使い分ける必要があります。適切な挨拶言葉を選ぶことで、手紙の印象や伝えたいメッセージが変わってきます。

本稿では、月別の時候の挨拶、ビジネスやプライベートで使える挨拶、自分でオリジナルの挨拶を考える方法などを紹介していきます。手紙を書く際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

手紙でよく使う敬語表現などの使い分け

手紙ではよく使われる敬語表現や尊敬語がたくさんあります。

他にも結婚式や葬儀で使ってはいけない忌み言葉や、相手によって変わる敬称のつけ方など、いろいろなルールやマナーといったものが存在します。

ただ、そんな言葉づかいも全て知っているわけではないと思いますし、知らず知らずの内に間違った事を手紙に書いてしまうことも考えられます。

他にも決まり文句を利用したり、縦書き横書きの構成の違いはありますが、何より相手の気持ちを思いやる心を持って丁寧に書くことが大切になりますね。

また、そのためには手紙でよく使う敬語表現や尊称と卑称、忌み言葉といったように、言葉の使い分けも非常に大切になります。

基本的なルールやマナーについては、次の記事が参考になります。

>>忌み言葉とは?結婚式や葬儀で避けたい言葉と言い換え例
>>手紙でよく使う敬語表現:尊敬語・謙譲語・丁寧語の一覧
>>手紙でよく使う尊称と卑称の種類一覧

上司に対して敬語を使ったり、結婚式の祝辞で不幸や別れを連想させた言葉を使って失礼な思いをさせたりしないために、言葉遣いにも気を配る事は忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

手紙でよく使う言葉の意味と使い方

手紙では定型に近いような言葉もたくさんあります。

例えば、有名な言葉に「ご自愛ください」という言葉がありますが、これは「お身体を大事になさってください」という意味があり、目上に人やビジネスシーンでも幅広く使えます。

しかし、距離の近い友人などには、よそよそしく感じられてしまう可能性があるなど、使い方が敏感になるケースもあります。

そんな手紙でよく使う言葉一つ一つに意味があり、使い方にも繊細な場面があったりします。

「ご自愛ください」のような使いやすい言葉も、

  • じゃあ友達にはどんな言葉を使えばいいのか?
  • 葬式後などにも使えるのか?
  • 病人に対して失礼にならないか?

というように、様々な疑問が思い浮かぶことになります。

そんな手紙でよく使われる言葉について、一つ一つ丁寧に意味や使い方、例文などを交えて解説していますので、調べたい言葉があれば参考にしてください。

>>【例文あり】「ご自愛ください」の意味と使い方を解説!目上の人にも使えるの?
>>【例文あり】「ご健勝」の意味と使い方を解説!目上の人にも使えるの?

 

スポンサードリンク