残暑見舞いの書き方や例文、時期などのマナーについて

2020年9月3日

暑中見舞い残暑見舞いは相手の健康を気遣ったり、こちらの近況を報告したり、暑中見舞いの返事など自由に使いやすい手紙です。

しかし、残暑見舞いにもいくつかルールやマナーがあり、それを守ることで形式に沿った正しい残暑見舞いでありながら、オリジナルで相手を気持ちよくさせれる手紙を作成できるのです。

そんな残暑見舞いのマナーにはポイントが3つあり

  1. 時期
  2. 書き方
  3. 送る相手

これらを意識することでしっかりした残暑見舞いが作れます。

残暑見舞いの時期

残暑見舞いは字のごとく「夏の暑さが残る時期」に相手の健康を気遣う手紙です。

ですので、1年の内で期間が決まっており、その時期を過ぎると残暑見舞いではなくなってしまうのです。

では、残暑見舞いの時期はいつなのか?

 

残暑見舞いのマナーとして時期はかなり大切な事なので、しっかりと覚えておきましょう!

 

残暑見舞いの書き方

残暑見舞いも内容は自由に書いて構いませんが、頭に思い浮かんだことを好きなように書いていては、相手に何の事なのかわからないまま伝わることもあります。

そこで要点をまとめ、残暑見舞いに必要な事を順番に書いていけば、自然と形式が出来上がりマナーを守った暑中見舞いを作ることができます。

そんな残暑見舞いの書き方のポイントは、

  • 残暑見舞いの言葉
  • 時候の挨拶
  • 先方の健康を喜ぶ・安否を尋ねる言葉
  • 近況報告(自分の安否を伝える言葉)
  • 日頃の感謝や今後の交誼を願う
  • 相手の健康や繁栄を祈る言葉
  • 結びの言葉

基本はこの流れに沿って書くのが良いでしょう。

 

残暑見舞いの送る相手別の例文

残暑見舞いの書き方にはパターンがあり、それに沿うことでマナーを守った正しい手紙になります。しかし、友人と会社の上司のように、送る相手が違えば言葉遣いや内容も当然違います。

そこで、残暑見舞いを送る相手別でどんな書き方になるのか?また、暑中見舞いの返事などで残暑見舞いとして出す場合も含め例文とともに用意しましたので、それぞれ参考にしてください。